ゴッソトリノ口コミレビュー

ゴッソトリノの全成分一覧まとめ

ゴッソトリノパッケージ裏側

 

この記事では、個包装で使いやすいマウスウォッシュ『ゴッソトリノ』の成分には何が使われているのか、詳細をまとめてみました。

 

「体に悪い成分が使われているんじゃ?」
「どんな成分なのか気になる!」

 

という場合は、参考にしてみてください。

 

 

商品データ
  • 製品名:GOSSOTORINO(ゴッソトリノ)【医薬部外品】
  • 内容量:240ml(1包8ml×30包入り)
  • 発売元:株式会社サン・クラルテ製薬
  • 製造販売元:株式会社ミリオナ化粧品

 

薬用成分

 

アラントイン

 

化粧品にも使われる成分で、歯茎の腫れ、炎症を抑え、歯周病を予防してくれます。また、歯茎から血が出ないようにしてくれたり、傷がある場合は治癒効果もあるといわれています。

 

シメン-5-オール

 

殺菌力に優れているのが特徴で、防腐作用もあるのでさまざまな化粧品、ヘアケア商品に配合されています。抗菌作用により、口臭や虫歯の予防に役立っています。

 

植物成分

 

マスティハオイル(マスティック)

 

ウルシ科の木から取れる樹液から作られ、抗菌作用があるため、口臭対策にうってつけです。

 

ワレモコウエキス

 

バラ科の植物ワレモコウから作られたもので、抗菌作用、抗炎症作用があります。

 

ホップエキス

 

ホップと聞くとビールを思い浮かべますが、クワ科の植物ホップから作られるエキスです。抗炎症作用があります。

 

クマザサエキス

 

葉の縁が白いクマザサから抽出されたもの。抗菌・抗炎症作用に優れ、口臭ケアに有効です。

 

ドクダミエキス

 

ドクダミから抽出して作られるエキス。虫歯の予防に役立ってくれます。

 

ウーロン茶エキス

 

いわゆるウーロン茶ですね。虫歯菌が歯に付着するのを防いでくれます。

 

ビワ葉エキス

 

ビワの葉から作られたもので、さまざまな健康効果があります。炎症を鎮めるといわれています。

 

キシリトール

 

天然の甘味料として、お菓子などにも使われていますね。虫歯をできにくくしてくれます。

 

トウキエキス

 

セリ科の植物トウキの根から得られたもの。抗炎症作用があるといわれています。

 

茶エキス

 

抗菌作用が期待できます。

 

その他の成分

 

精製水、エタノール、無水エタノール、ソルビトール液、BG、ステビアエキス、無水クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、カラメル、メントール

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

個人的にそこまで強く気になる成分はなかったです。
しいてあげると、着色料のカラメルが使われていることくらいでしょうか?
とはいえ、飲み込むわけではないので特に問題はないのかなと思います。

 

2種の薬用成分と10種の植物成分が配合されているので、効果もしっかり感じられながら、口の中もやさしくいたわってくれる。
強さとやさしさを兼ね備えているなあ…
そんな印象を抱きました。

 

以上、ゴッソトリノの全成分一覧まとめでした!


トップへ戻る